ソファに使用される生地の違い

ライフスタイルに変化を齎すソファ

  • ベッドと同時進行で解説していこうかなとも思いましたが、別々の説明の方が、頭の中で整理しやすいと思うので、分けて説明していきましょう。
  • 部屋を快適にしてくれるソファ

  • ソファの購入は、1人暮らしをしている方よりも、結婚などによって、新しい生活をスタートさせる際などに購入を検討する方が多いようです。上質な家具をオンライン通販で探したり、実際に家具屋さんに足を運んでみたり、選び方を考えているととてもワクワクしますよね。
  • 管理人もソファ楽天市場で購入した理由は、結婚が理由でした。しかし、ソファはそれ相応の値段がありますし、どのソファが今のライフスタイルに最適かなどを考えて、選び方を悩む方も少なくないでしょう。そこで、ざっとではありますが、ソファに関する、簡単な基礎知識と選び方を紹介していこうと思います。参考になるかどうかについては、保証いたしません。
  • ソファの生地による選び方

  • まず、ソファの「張り地」について紹介いたします。張り地とは、ソファの表面の材質のことです。基本的には、この張り字にはいくつか種類がありますが、今回はそのうちでも代表的な3つをご紹介いたしましょう。選び方の参考にもなるでしょう。
  • 特にソファの張り地は重要なことになります。理由としては、ソファは表面積が大きいので、ソファの材質の色は、その部屋のインテリアに大きく、影響してきます。材質による選び方も考慮しなくてはなりません。
  • ソファに使われる張り地は、本物の皮革か合成の皮革、または皮ではなく植物を使った物のどれかになります。基本としては、どれに関しても長所があります。高いものが一番いいというわけではなく、どれがあなたの使う上で必要となる長所なのかを考えた選び方を行ないましょう。それができれば、家具の選び方の第一歩はできていると、失敗しない家具の選び方と言っても過言ではないはずです。
  • まずは、本物の皮革、つまり天然皮革です。天然革によるソファの選び方をした場合は、基本的には牛や馬などの皮革を張り地として使用されますが、たまには豚や羊、またはやぎなども使われますし、珍しい所では、は虫類や両生類の場合もあるようです。一般的に使われる、牛や馬は手触り間が良くて、さらに、熱にも強くて湿気を吸い取り、通気性にも優れているそうです。使い込む事によって味わいが出てきて高級感もましていくようですが、やはり、本物でも(だからこそ?)定期的なお手入れが必要となります。
  • 次に、合成皮革です。たぶん、すべてのソファの中で最も多く出回っているのではないでしょうか?天然皮革を人工的に作り出そうとして作られたもので、天然皮革よりも価格が安く、それでいて、天然皮革に以上に手触りが良いと謳っているサイトさえあります。変色や退色がしにくく、水にも汚れにも強いので、機能性としては最高で、小さな子供がいる家庭ではこの選び方が安心して使うことができるでしょう。
  • 最後に、ファブリックで、日本語では織物や布地の事になります。綿に麻などの織物になり、柄や模様、選び方もさまざまです。これは基本的に水分を吸ってしまうのですが、それに撥水などの加工を施したり、自宅での選択ができるようにしたりとの工夫がされています。また、もともとが植物の織物のために、通気性が良いのですが、あまり強度は強くないため、取り扱いが悪いと破れてしまう可能性もあります。これらの選び方をおこなうのであれば、注意ですね。
  • 以上のことから、機能性による選び方は、合成皮革が管理人としては、オススメできると言えると思います。しかし、あなたにどうしても合成皮革は嫌だとか、いろんな模様のあるファブリックが良いというなら、自分の選び方でOKです。家具、特にソファやベッドについては、その人の要望が機能性を勝って一番の重要視する選び方をするものですから。
  • ちなみに、ファブリックがいいけど、強度が心配と言う方は、カバータイプのもありますので、他の材質の上から、カバーを被せるようにするのもいいかもしれません。カバーの選び方で、また悩むことになるんですけどね。
  • ソファとベッドについて

    ソファとベッドの機能を持つ家具