ソファベッドの特徴や魅力について

ソファベッドは魅力いっぱいのインテリア家具

あなたは、ソファベッドのことについて知っていると思いますが、ソファベッドの魅力溢れるインテリア性等、まだ知らない部分もあるのではないでしょうか?

インテリア家具として魅力の多いソファベッド

常識的なことですから、飛ばしても構わないのですが、一応おさらいをしていきます。

ソファベッドとは、その名前の通り、ソファとしても、ベッドとしても使えるもので、インテリアショップなどでも人気の高い魅力的な商品でもあります。最近は更に魅力的なソファベッドが充実してきました。

魅力一杯のソファベッドですが、基本的にベッドとして使う場合には、背もたれの部分を倒して使用するそうですが、そのために可動部分があります。これは普通のベッドには無いので、そこの部分が脆いそうです。

急な来客がきたときにもベッドとして使うことができ、インテリア家具としても利用できる一方で、日常的にベッドとソファとして使う場合には、上に引いたマットレス、または布団をどかさないといけないので、少々面倒です。それでも十分魅力的といえますけどね。

少ない空間を上手く利用したアイテムで、デザイン性もあり、非常に魅力的ですが、最大のメリットであり、価値でもある変形を一度も使ったこと無い方もいるそうです。そのため、普通のベッドを買ったほうが安かったという場合もあるそうです。ソファベッドを購入するならその魅力をふんだんに味わって欲しいところ。ソファベッドの魅力は、その空間有効活用とどちらの機能も備えていることなのだから。

ソファとベッドという魅力溢れる機能、どちらをメインにして使う?

  • ソファベッドについては、ソファのように使うことが多い場合には、普通は1人ではなく、数人で使うことが多いので、背もたれ部分を分けることが可能な、中折れ式のソファベッドが魅力的で人気あるよう。しかし、ソファカバーを使う際には、挟まれやすいので、自分で、オリジナルのカバーを作るのをオススメします、このソファベッドのためだけに作ったカバーというのは今のところ無いそうです。
  • それと、フットレスなどを一緒に取り揃えるのもいいと思います。フットレスはつまりは脚を乗せる所ですね。ソファベッドにそこまでの機能はついてないので、フットレスを買って脚を伸ばすのもいいでしょう。小さいイスとしても使えるかも知れません。更に魅力を上げることもできるわけです。
  • ベッドをメインとして使う場合は、薄いベッドパッドを買うほうが言いかもれません。理由としては、ソファベッドを倒して寝てみると分かることなのですが、眠るにしては少々硬く感じます。
  • もちろんソファベッドにもクッションのようなものはあるのですが、もともと座ることも考慮しているので、少し硬めに感じるしょう。理由は定かではないですが、硬いのは事実ですので、たぶん必要になると思います。
  • シーツを使っても構わないのですが、ソファとして使うときには、インテリア用品とはいえなくなるので、ソファカバーを利用して、シーツの代わりにするのがいいかもしれません。ただし、その場合は、選択することも考慮し、いくつかオリジナルで作っておくことをオススメします。
  • ソファベッドを選ぶときには、ソファとして使った場合と、ベッドとして使った場合との2つのパターンがありますので、できたら両方を実際に使ってみて、その違いを知っておくのが重要です。どちらかとして使う場合に、違和感や不都合を感じた場合に、それは、ソファベッドとしての意味がなくなってしまいます。それなら、同じ値段のソファ、またはベッドを買ったほうが少しは性能もいいと思います。
  • それと、ソファベッドは家具と家具の間に、きっちり入れてしまいますと、変形するときに不便を感じることもあると思いますので、少し周りに空きを作って置くようにしましょう。切り替えを行なわないという方は、普通のソファやベッドを買ったほうがいいでしょう。切り替えをたまにしか行わないというなら、きっちり入れても構いませんが、魅力を堪能する為、頻繁に変形させるという方は、できるだけ周りに空きを作って置く事をオススメします。
  • ソファとベッドについて

    ソファとベッドの機能を持つ家具